思い出の壁紙

メディア木龍 □思い出の壁紙INDEXへ

ツイート

ダイアモンドダストが消えぬまに

2004年7月 ダイアモンドダストが消えぬまに

歌詞情報:ダイアモンドダストが消えぬまに J-Lyric.net

アルバム:ダイアモンドダストが消えぬまに

壁紙クイズ正解者の皆様

ちょこびさん

CHACHAさん

エアの切れた ダイバーほど 苦しいのよ今も...

消せない気持ち,忘れられない想い出...
なかなか前へと進めずにいる心,見透かされたようなフレーズに
なんだか肩の力が抜けたような気がしたずっとずっと遠い日が,
蘇るような曲です。

あや@大阪さん

月刊カドカワ91年1月号
シャングリラIの頃、偶然、古本屋で入手したこの本の総力特集は「松任谷由実/永遠を探して」
実際には「天国のドア」の特集(約60ページ分)なんですけれど。
その55ページ目に、ユーミンのお気に入りのシャンペングラスの写真があります。
グラスの底まで液体が入る形で、細い持ち手の中をあがってゆく"泡"がきれい・・
実物をのぞきこんだら・・?なんて思いました。

そういえば、FROZEN ROSESのパンフレット(SLICE OF "THE LIVE")の対談で、ハービー・山口さん
が、話題にしてらっしゃいましたよね?
「ポップミュージックは、上へ上へと立ち上ってゆき、やがては、消える"泡"のようなもの・・」
「"消える"のは"切ない"けれど、だからこそ"きれい"な泡・・」
そんな意味のことを、ユーミンとハービーさん、お話されていた気がします。

またまた、個人的な思い入れではないのですが。
この曲を聴くと、あの写真とお話を、思い出す私です。

このページをはてなブックマークに追加