メディア木龍ホームページ お問い合わせ

トップページへ戻る


文章物こそXML組版

ツイート

簡単なXMLを作ることにより、紙の本やEPUB、さらにはデータベースサービスに登録するためのXMLファイルも出来てしまう。そういうワークフローはいかがですか?
メディア木龍では、次のようなワークフローをご提案させていただきます。

1. 一般的な書籍の場合

まず、見本組みを作り、その見本組みから、その本に合ったXMLを設計します。
この時点では、InDesignで組版するのに便利な形で作ります。

XMLファイルには、その項目がわかる名前でタグ名をつけます。見本組みから書き出したXMLファイルに上書きするような形で原稿を入力することで、XMLはわからないという人でもスムーズに入力作業ができますので、作業の効率化が図れます。

2. 入力したXMLファイルを見本組みから作ったテンプレートに読み込む

XMLのタグと、InDesignの段落スタイルや文字スタイルを結びつけることで、半自動組版ができます。
特に、章ごとにファイルを作るような長文のものでは、各章のXMLファイルの初めに、たとえば
<章柱>○○○</章柱>
というようなタグを入れることで、柱も自動的に組むことができます。

1つの章の中に複数の節がある場合には、
<章柱>○○○</章柱>
<節1柱>○○○</節1柱>
<節2柱>○○○</節2柱>
というようにタグを入れてテンプレートに読み込みます。
テンプレートにはあらかじめ各節用のマスターページを作って指定しておき、節が変わったところで該当するマスターページを適用します。

3. 校了になった時点で組版ファイルからXMLやHTML、EPUB等、必要な形式に書き出しする

書き出されたXMLデータはもちろんInDesign向けのXMLファイルですが、これに、新たに要素を付け加えたり、見出しを属性にしたりすることで、後で加工しやすいXMLデータにすることができます。
必要な項目や形式については、ご相談のうえ作成、変換させていただきます。
とりあえずはそのまま保存しておき、後で溜まった時点で必要な形式に変換することも可能です。

いずれの方法でも、わかりやすい方を使ってみて、とにかくやってみると面白いのではないでしょうか。

学会誌用のテンプレート(J-STAGEのBIB-J対応)は、フリーツールのページからダウンロードできます。