Home » 未分類 » J-STAGE 3への期待

J-STAGE 3への期待

このブログでは、メディア木龍の仕事周りで思ったことを書いていきたいと思っていますが、その第1回として、J-STAGE 3への期待を書いてみたいと思います。これは、私の個人ブログで既に書いたものですが、このページの最初の記事として、「J-STAGE 3への期待」を加筆・修正たものをアップさせていただきます。

先日、メディア木龍のサイトで、学会誌等で著者や編集者の方にExcelでXMLの原稿を入力していただくためのテンプレートをアップさせていただきましたが、その後、そういえばJ-STAGEのXML化はどうなったのかしらとと思い、調べてみました。

J-STAGEのサイトからJ-STAGEニュースを読んでみたところ、J-STAGE 3の2012年4月からの本格運用に向けて、3月9日(東京)と11日(京都)にJ-STAGE利用学協会(発行機関)向けに説明会が行われていました。

資料を見てみると、来年4月以降もしばらくは従来のPDF+BIBファイルでも受け付けるとのことですが、XMLのサンプルを見てみると、対応自体そう難しくはなさそうです。私自身、現在BIBファイルを作るために必要項目をXMLにして作業していますが、それをXSLTで変換すれば問題なく移行できます。

比較的大きな変更点としては、著者のフリガナが入ることと、参考文献のタグ付けが細かくなることですが、著者のフリガナについてはこれまで入らなかったことが不思議なことですし、参考文献のタグの細分化については、現状では原稿によって区切り文字や書式がバラバラなため、他のデータベースとの照合や引用数のカウントの正確性の向上のためにも、こちらも当然の対応だろうと思います。

J-STAGE 3では、書誌情報だけでなく本文も含めて全文XML化になりますが、その最も大きな利点は、これまでBIBファイルというShift_JISのテキストファイルで書誌情報をアップしていたのが、UTF-8のXMLファイルで、論文の全文を投稿できるということでしょう。

学会誌等では、Shift_JISでは表現できない文字も多く使われます。それをBIBファイルにするために、文字参照にしたりShift_JISにある文字に置き換えるという手間がこれまで発生していました。それが解消でき、さらにXML組版への道が大きく進み、ワークフローの効率化が進むことが期待できます。組み上がったDTPデータからテキストを書き出してBIBファイルを作るという残念な作業(私にとってはそういうお仕事もありがたく大切なのですが)から脱却できるのです。

J-STAGE 3では、世界的に広く使われているオンライン投稿システムをJ-STAGE用にカスタマイズしたASPを無償で使うことができる(利用優先度審査あり)ようになるそうです。そのシステムでは必ずしも全文XML化に対応できるとは限らないようですが、考えられる理想を申し上げれば、投稿者は書誌情報については書誌情報入力画面で各テキストボックスに必要事項を入力し、Abstractや本文については、ブログの入力画面のように表の入力や、上付き下付きアンダーラインボールド等の修飾、画像や図版をアップすることができるようになっているかもしれません。投稿者や査読者は、その簡単な組版結果をプレビューし、確認や修正をすることができるでしょう。図表については、図表番号と図表とのリンクで確認できるかもしれません。図表のアップには、印刷に使用することも考えたサイズの目安が示され、投稿と同時に画面プレビュー用のサムネイルも作られるようになっているかもしれません。

そうなれば、印刷会社への入稿はXMLデータになります。それをたとえばInDesignで組む場合、その学会誌用のテンプレートを作り、そこにXMLデータを読み込むことになります。それには、入稿されたXMLデータについて全半角や表記の統一などのテキスト処理を施したり、学会誌のレイアウトに合わせて、InDesignに読み込むのに都合の良いXMLに変換する必要が生じます。校正が済み、組み上がれば、修正の済んだ書誌情報や本文を電子ジャーナルとしてデータベースにアップするために、InDesignから書き出したXMLデータを指定のXMLの形式に変換してアップすることになるでしょう。

修正の時、組版の現場ではXMLの構造を一部壊してしまっていることもあるかもしれません。それを再び調整してアップできるようにする必要も生じます。つまり、DTPデータに対するXMLデータの入出力を担当する人が必要になってくることでしょう。

そこで、このXMLの入出力部分の設計及び作業ならば、メディア木龍もお役に立てるのではないかと思っています。テンプレートとXSLTを作り、それをたとえば1年間フィードバックを回していき、ブラッシュアップする。デザインを変えるとなれば、そこでまたテンプレートとXSLTに修正を施し、それをまた1年間フィードバックを回していく。そういう形でのお手伝いができるのではないかと思っております。

もちろん、論文の部分だけご依頼いただいて、PDFで納品ということもできます。実際、その方が現実的だと思います。

論文誌に限らず、自社で発行、または組版する書籍等について、XMLを使ったワークフローをお考えの方は、ぜひご相談いただけたらと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>